2006年05月19日

セブン&アイ、電子マネー共通端末を来秋導入へ


 Edy,suicaなどに加え携帯を利用したクレジットといった電子マネーが急速に普及を始めています。この電子マネーの普及が硬貨発行量の減少という形でも現れているようです。

 しかしこのブログで何度も取り上げましたが、電子マネーやクレジットの規格が複数あり、現状では読み取り端末に互換性が無いため利用者にとって分かりづらく、混乱を招く恐れがあるので、規格の標準化もしくは複数の規格を扱えるような仕組み作りの必要性を指摘してきました。

 本日、共通端末に向けた具体的な動きを示す記事がありましたのでこれを取り上げます。

記事(日本経済新聞(2006.5.19)1面)には

 セブン&アイ・ホールディングスは2007年秋をメドに、「スイカ」、「エディ」などのほか自社で発行する電子マネー決済にも使える共通の店頭端末をセブンイレブンなどグループ店舗に導入する方向で提携交渉に入った。

電子マネーの利用額はここ数年急増しているが、運営会社によって店頭端末が異なるため利用店が限られている。セブン&アイは国内最大の店舗網を持つ強みを生かし共通端末を導入、電子マネーの普及を後押しする。

 セブン&アイは来春から独自規格の前払い式電子マネー「nananco(ナナコ)」を発行し初年度1000万枚の顧客獲得を目指す。これと並行し、グループ小売店の集客力を高めるため、他社の電子マネーも利用できる仕組みを取り入れる。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:49| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。