2006年05月15日

商工会議所加盟社向けにネット活用の営業支援


 中小企業に不足するものとしてよく言われる言葉に「金なし、人なし、販路なし」があります。つまりせっかく優れた商品・技術・アイデアを持っていても、事業を拡大・発展するには、資金も必要だし、優れた人材も必要だし、強力な販売ルートや優良顧客がないとどうにもならない、ということとなります。

 このような中小企業の悩みの中から、特に販路開拓にネットをもっと活用するための支援サービスが始まるようです。

記事(日本経済新聞(2006.5.15)13面)には

 電話やインターネットを使った営業活動(テレマーケティング)受託大手のネクシーズは、日本商工会議所の公認サイトを運営するチェンバー・ウェブ・アンド・コンサルタントと業務提携した。

 6月から全国各地の商工会議所に加盟している中堅中小企業を対象にテレマーケティングのノウハウを活用した営業支援サービスを提供する。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。