2006年05月14日

ネット企業、「口コミ」情報を広告に

 今日は日曜日ということで、日本経済新聞の朝刊にはネット社会に関するトピックが無かったので、昨日(2006.5.13)の日本経済新聞夕刊(1面)からの記事を取り上げます。

■ネット企業、「口コミ」情報で販促
インターネット上の「口コミ情報」を商品・サービスの販促に利用する事業が広がりを見せ始めた。ネット企業が相次いで口コミ広告の専門会社を設立、書き込まれた商品への意見や感想を販促につなげる狙いだ。ブログ(日記風の簡易型ホームページ)やネットで個人が交流するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で、個人の情報発信が急増していることを活用する。

 ネット広告代理店のサイバーエージェントは口コミ広告の子会社「サイバー・バズ」を設立、今夏をメドに人気ブログの開設者約200人を組織化する。広告主の商品やサービスをブログで紹介してもらい、ネット上に話題を広げ、商品の認知度を高める。

 化粧品情報サイト運営のアイスタイルはネット広告企画・販売のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムなどと共同で新会社を設立。自社で運営するサイトだけでなく、他社のサイトや雑誌と連動して口コミ効果を高める共同販促を企画する。

 SNS運営のグリーはてなは、口コミ広告の手法を共同開発する。SNS利用者がネット上で公開している日記に、参加した販促イベントの新製品名を自動的に書き込む手法で商品への興味を喚起する。

 ネット広告企画・販売のサイバー・コミュニケーションズはシステム開発のクロスワープと組み動画を利用した口コミ広告の受注を開始した。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:01| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。