2006年05月12日

ウィニー対策に効果的なソフト


 ひところ情報漏洩問題の原因として話題になったファイル交換ソフトの「ウィニー」。実際はウィニー自身の問題ではなく、ウィニーを悪用するコンピュータウイルスがその原因でした。
また問題を大きくしたのは、情報の安全管理やインターネットを利用する上での安全知識の不足があったように感じました。そこで緊急避難的にとられた処置は、技術立国の日本とは思えない「ウィニーを使用するな」でした。

 たとえネットを利用する上で知っておくべき正しい知識を身につけていなくても、「ウィニー問題」を監視し、ウイルスであれば削除してくれる画期的なソフトウェアが開発されたようです。

記事(日本経済新聞(2006.5.12)15面)には

 東京理科大学の溝口教授が設立したベンチャー企業ウィズダムテックは、人間のような免疫システムを持たせたソフトを開発、6月にインターネット上で無料公開する。

 ファイル交換ソフト「ウィニー」などを介して広がるウィルスなどの対策に効果的だという。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:30| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。