2006年05月10日

ネットカフェで市場調査


 最近、撤退したスーパーなどの空き店舗がネットカフェに改装されオープンされたケースを見かけることがあります。
 ネットカフェも、単にインターネットサービスと軽食といったサービスから、漫画、ゲーム、ビリヤード・卓球などサービスの複合化がすすみ、対象とする顧客層もグループやビジネスマンを取り込むなど多様化しているように思えます。

 このようなネットカフェの利用者をターゲットに市場調査を行うビジネスが誕生したようです。市場調査に協力してもらった顧客の施設利用料を割り引くことで調査への参加促進と顧客増をとの思惑もあるようです。

記事(日本経済新聞(2006.5.10)15面)には

 漫画喫茶・インターネットカフェ運営のランシステムは自社店舗を活用し、6月から新製品などの市場調査を始める。来店者が店頭のネット接続用パソコンを使い、データサービス会社や食品メーカーなどが設定したアンケートに答える仕組み。回答者には施設利用料を割り引き回収率を高める。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。