2006年05月09日

ドコモ、携帯に生体認証を標準搭載へ


 携帯電話のサービス機能の進化は目覚ましいものがありますよね。
最近では特に電子マネーや電子クレジットなどの決済機能が充実するとともに、決済できる金額も少額から高額へと、決済範囲が拡大しています。

 このように便利になる半面、携帯を紛失したときのリスクに対する不安も大きくなるといえます。

 ドコモは、このような不安を解消することで携帯の付加価値を高め、顧客の囲い込みを狙っているようです。

記事(日本経済新聞(2006.5.19)11面)には

 NTTドコモは携帯電話のセキュリティ機能を強化する。まず高機能機種から指紋などで本人を確認する生体認証機能を標準搭載していくほか、紛失した際に携帯電話を使えなくしたサービスも始める。

 ドコモは金融決済サービスを新たな収益の柱に育てる方針。安全面での利用者の不安を軽減し、決済サービスの利用を促す。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:55| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。