2006年05月03日

携帯音楽プレーヤー、色々選べる1000種類


 連休ということもありネット社会に関するトピックは少ない。
その中で、iPodが牽引している感のある携帯音楽プレーヤ市場で、変わり種の商品が登場しだしたようです。

いずれは限られたメーカーに淘汰されることになるとは思われるが、いろいろな機能の製品が市場に投入されることで一気に普及が進むと思われます。

記事(日本経済新聞(2006.5.3)33面)には

 携帯音楽プレーヤーの販売が高水準で推移している。アップルコンピュータの「iPod」が市場の過半を占めるが、売り場では長時間の動画再生や従来にはない小型機種など、変わり種の商品も消費者の興味を引いている。

 IT関連調査のBCNの調べでは、06年1−3月の間に販売された携帯音楽プレーヤーの機種は色違いも含めると1092種類に上る。店頭での消費者の関心は価格のほかに動画再生などの付加機能、持ち運びやすさなどに広がっている。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:47| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。