2006年04月26日

ゲーム大手のガンホーが海外市場に参入へ


 ゲームもインターネットの普及に合わせて、ネット上で相手と対戦したりするようなものに変化しているようです。またこれらゲームの収益モデルもゲームソフトの販売からゲームで利用するアイテムの販売などが主要な収益となっているゲームも現れているようです。
 
 また一方で、ゲームで利用する武器などがネット上で売買することができることもあり、子供たちへの影響を懸念する意見もあるようです。

 このようなオンラインゲームですが、日本のゲームがコンテンツとして優れていることから海外市場参入への検討が相次いでいるようです。

記事(日本経済新聞(2006.4.26)15面)

 オンラインゲーム大手のガンホー・オンライン・エンターテイメントが海外市場に参入する。年内にも豪州などアジア・オセアニアの8カ国でサービスを開始。将来は北米市場の開拓も検討する。

日本には有力なゲームコンテンツが多い。ガンホーのようなゲーム専業による進出のほか、総合サイトがゲームをテコに海外市場に参入する動きが相次ぎそうだ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:39| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。