2006年04月23日

企業ホームページ、投資にどう活用?


 日曜日ということもあり、今日はネット社会に関する記事が少ないようです。
低金利や景気の回復傾向に加え証券売買の手数料の安さなどから、ネット専業証券がその取扱量と新規の個人投資家数を増加させているようです。しかし証券投資のファンドマネージャーに比べれば個人投資家は情報入手の面で遅れをとり、現実的に儲けることができるのは一握りの人々に限られているようです。

 このような中、個人投資家も企業のホームページをうまく活用することで情報格差を少しは改善できそうとのことです。

資産運用の特集記事(日本経済新聞(2006.4.23)15面)には

 月次売り上げの開示や、決算説明会での質疑の映像配信−−−。企業のホームページの開示内容が充実してきた。じっくり内容を吟味すると、思いがけない投資情報を得られることも多い。。ホームページの開示情報を積極的に活用することは、個人がプロとの情報格差を縮める上でも重要だ。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:02| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。