2006年04月20日

全日空、国内線予約システムを27年ぶりに刷新


 比較的早くからコンピュータシステムを導入していた企業は、メインフレームといわれる汎用機上で動作するシステムを今も利用しているケースが多い。しかもこの汎用機上で動作する業務システムは、その企業の基幹的な業務を担っているように思います。

 一方で、ますます高性能で価格も安価になったサーバーを利用したシステムは、オープンシステムと呼ばれています。オープンシステムであれば、中国やインドの技術者を活用した開発も可能になります。

 従ってシステムの開発や維持・運用を考えると、汎用機はメーカー固有の技術となっていることもあり、オープンシステムに比べると技術者の確保の難しく、しかもコスト増にもなるようです。

 全日空もこのようなシステム環境にあるようで、今回大きな決断をされたようです。

記事(日本経済新聞(2006.4.20)11面)には

 全日本空輸(ANA)は国内線の予約システムを27年ぶりに全面刷新する。米ユニシスの航空会社向けソフトを自社向けに改良、2007年から12年にかけて、新システムに順次移行する。総投資額は100億円程度。国内線の予約、発券、チェックインなどを受け持つ基幹システムが対象。

 新システムでは、新しいサービスを導入する場合、開発期間の半減だけでなく開発費用も4割減を見込む。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。