2006年04月18日

携帯の番号持ち運び、3000円以下で


 いよいよ今秋から携帯の電話番号を変えることなくサービス会社を変えることができるサービスがスタートします。今後一層顧客の囲い込み競争が激しさを増すものと思われます。これに関する記事がありました。

日本経済新聞((2006.4.18)9面)には

 NTTドコモなど携帯電話大手は、電話番号が同じまま電話会社を変えられる番号継続(ポータビリティ)制度の概要を決めた。
10月をメドに導入し、利用者が現行の契約会社に支払う手数料3000円以下とする方向。「新旧」携帯会社の店頭で手続きが必要な英国などで利用が低迷していることを踏まえ、新しい携帯会社の店頭だけに出向けば済むようにする。
 希望者は数百万人ともいわれ、顧客争奪戦が激化しそうだ。

 移転のための手数料は現行の契約会社に支払うことになるようだが、現実にはキャンペーンで機種変更の手数料を下げたり通話料金の値下げなどで、実際負担する手数料は下がると予想されている。

 番号継続制度の導入を機に、料金値下げやサービス機能強化など顧客つなぎ止めのための携帯各社のシェア争いが加速しそうだ。


とある。(一部要約)

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。