2006年04月16日

仮想化ソフトの主導権争い・各社、無償で浸透狙う


 2006.4.16日本経済新聞朝刊には「日中韓ソフト合弁会社、アジア版リナックス開発」という記事が5面にありました。欧米主導でリナックスが開発されているため漢字やハングル文字を利用するアジアでは使いにくいことがその背景にあるようです。

 もう一つ大事なポイントは、パソコンやサーバーのOSとして圧倒的シェアを持っているマイクロソフトへの危機感から、市民参加型でソース公開型、いわゆるオープンソースのリナックスの普及が徐々に広がりを見せていることも、このような日中韓で協力して取り組む開発を後押ししているといえます。

 この記事に関連して少し調べていたら、少し古いですが4月6日の日経産業新聞に「仮想化ソフトの主導権争い・各社、無償で浸透狙う」という記事があったようです。

記事の要約
http://it.nikkei.co.jp/business/news/busi_system.aspx?i=2006040507308ad
によると

コンピューター1台で複数の基本ソフト(OS)を同時に動かす「仮想化ソフト」の主導権争いが激化している。米マイクロソフトは有償で売ってきた自社製品の無償提供を始めた。最大手の米ヴイエムウェアも自社製品の設定情報を他のソフト会社に公開した。オープンソースソフト(OSS)「Xen(ゼン)」の開発会社も新構想を発表。各社とも無償戦略で自社製品の浸透を狙う。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:56| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。