2006年04月13日

日中韓、オープンソースソフト普及へ連携


 2006.4.13日本経済新聞(朝刊)より

 ネット社会の寵児ともてはやされたホリエモンのライブドアがついに本日で株取引を終えました。ある種の焦りと脇の甘さがあったかもしれないが、時代は確実にネット社会を進化させているように思います。USENが子会社化を考えているという話もあるようですが、どのような形で落ち着くのか興味があるところです。

 さて、梅田氏の「ウェブ進化論」でも新しい潮流の一つとして「オープンソース現象」が取り上げられていました。まさにこの流れを象徴する動きの記事がありました。

オープンソースソフト普及へ、日中韓が連携。官民会議を中国で開催。(5面)
 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?i=2006041208769aa

 梅田氏の本では、多くの人が少しずつ労力を提供しながら一つのソフトをみんなが使える共有財産として作り出すといった感じで書かれていました。今回のこの記事では、日本から参加するのは、大手のシステムベンダーとなっています。

 考えようによっては、大手システムベンダーは自社独自のソフトを開発するよりも、中国・韓国も巻き込みみんなで協力し合いながらソフトを開発する道を選んだということになるのでしょうか。(記事ではマイクロソフトの牙城に3カ国で協力し対抗するとあります)

 よくわかりませんがシステムベンダーはソフトを開発するよりも、出来上がったソフトをどう活用するかに取り組んだ方がビジネスとしてメリットが多いと見ているのかもしれないですね。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:45| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。