2006年04月10日

ロングテール


 今日は新聞休刊日なので、昨日に続き「インターネットの新潮流」を象徴する言葉として話題になっている「ロングテール」について少し触れてみます。


 ロングテールの意味は、文字通り「長いしっぽ」を表します。よく例に出されるのが本の通販サイトのamazonです。

 本は、ベストセラーといわれる特定のごく限られた本に多くの注文がある一方で、1年に1冊や数冊しか注文の入らない本の種類も非常に多くあります。

 これを売り上げの多い本の順にグラフ化するとまるで立ち上がった恐竜が横を向いている姿のようになり、ごく少ししか売れない本が無数にあるので、この恐竜のしっぽが地を這うように延々と続くグラフが描けます。

 しかし、amazon全体の売り上げを見てみると、年に少ししか売れない本もその種類が膨大なため合計すると、売り上げ全体の中では大きなウエイトを占めてくるようになるそうです。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:01| 静岡 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。