2006年04月09日

インターネットの新しい潮流

 本日(2006.04.09)の日本経済新聞には、ブログで取り上げたいネット社会に関する記事がありませんでした。そこで最近注目されているインターネットの新しい潮流のweb2.0について少し書きます。

 web2.0というのは、明確な定義がはっきりとはしていませんが、新しい方向性を示している概念のようなものです。

詳しくは、 http://web2.0.sophia-it.com/ を参照してください。

梅田望夫氏の「ウェブ進化論」という本が話題になっていますが、この本も参考になると思います。

 webがこのような新しい活用フェーズに移りつつある最大の要因は、パソコンが高性能になりしかもビジネスコストで見ると極めて安価になったこと。それにいろいろな人々とネットワークするための通信コストも、ここにきて高速でしかも安価になってきたこと。そしてこのような背景を受けてネットを利用する人々が多くなってきたことなどがあげられるようです。

 明日は新聞の休刊日ですので、web2.0の象徴のような「ロングテール」について少し書きます。


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:02| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。