2006年04月03日

広がり始めた「サイモンズ・ポイントカード」


 レコード店、家電量販店、スパーなど実に多くの店でポイントカードを発行するようになった。
サイフの中などにはいろいろなお店のポイントカードが入っていることがある。
そこで、サイフから時々使わないポイントカードをサイフから抜いてしまっておくと、このようなときに限ってそのポイントカードが必要な店で買い物をすることになる。

また、薬などのような最寄り品は、買いたいと思ったときの都合で店を選び買うことになる。

このようなことから、同じ店のポイントカードが複数枚なったり、ポイント残高の少ないカードが多く存在したり、あげくには期限切れカードが多くなることになる。
つまり、主婦のようにスーパーに頻度多く買い物にいくような場合は、メリットがあるかもしれないが、そうでない場合は、家電量販店のようにポイント不要ということで、その分値引きしてくれる制度がありがたいと感じる。

 こう考えると、ポイントカードも商店側から見て、顧客サービスに寄与し集客につながっているか、疑問に感じたりする。

 しかしサイモンズという会社が行っている共通ポイントサービスが広がり始めたそうだ。

記事(日本経済新聞(2006.4.3)11面)には

 地域の商店やチェーン店が、少ない費用負担で導入できる共通ポイントサービス「サイモンズ・ポイントカード」がじわりと広がり始めた。運営するサイモンズ(東京・中央)が全国の加盟店の顧客データベース構築やポイント処理業務を一括して請け負う。利用者は加盟店であれば、現金でもクレジット決済でもポイントが貯まる「お得感」がある。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:03| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。