2006年04月02日

駅で病院の受け付け


 最近は少し改善がみられる病院もあるが、多くの病院では朝早くから病院に行き受付を済ませてから、1時間以上診察までに待たされることが多い。おまけに実際の診察時間は10分程度ということが多々ある。

 いったん受付を済ませてから、ポケットベルを渡したり、携帯電話で順番を確認できるようにといったような工夫もみられるが、朝早く一度病院に行くことには変わりがない。
 こんな不便を解消するような仕組みができ、利用者の反応は上々のようだ。

記事(日本経済新聞、2006.4.2、9面)には

 駅の待合室の一角に設置されたATMに似た機械を高齢者が次々と操作していく。早朝のJR会津若松駅。機械は昨年4月に会津中央病院が会津地方の5駅に導入した自動診療受付機だ。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 12:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。