2006年03月31日

ネットと金融の融合加速

 
 ポータルサイト利用者への利便性を高めるため、外部に依頼してきた決済業務を取り込む動きが出てきたようだ。ポータルサイトの宿命あるいは使命としてネット上のあらゆるサービスの入り口として機能することが求められる。その結果商取引が生まれ決済も必要になる。この決済も銀行などの外部に依頼するのではなく、サイトの中で決済を行うことで、利用者のサービス向上、集客力の向上を狙うようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.31)7面)には

 ポータルサイト運営最大手のヤフーが三井住友銀行、同行子会社のジャパンネット銀行と資本・業務提携し、銀行業に進出する。ネット大手とメガバンク初の提携で、ネットと金融の担い手やサービスの融合が一段と進む。生い立ちや風土がかけ離れているといわれるITと伝統的な金融機関が、迅速に新事業モデルを打ち出せるかが、課題だ。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。