2006年03月30日

ETC、サイフ代わりに。国交省が利用解放へ。


 最近高速道路を利用するとETC専用ゲートを通過する車が以前よりも増えたような気がする。早朝深夜割引や通勤割引などETC利用車だけの割引制度や、利用によるポイントなどの施策が利用を増やしてきたのだろう。

 しかし、1年に1、2回程度しか有料道路を利用しない人から見るとETCを搭載するのには抵抗感があるだろう。そこで以前からできると便利だといわれていたETCの有料道路以外での決済がいよいよ現実になりそうだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.30)1面)には

 国土交通省は2006年度から、自動車に搭載する高速道路の自動料金収受システム(ETC)を、ガソリンスタンドなど様々な料金支払いに使えるよう制度を改める。いまは非公開のETCの暗証番号を民間企業に解放し、読み取り機を使えば本人確認ができ、口座から料金を引き落とせるようにする。車自体がサイフ代わりとなり、マネーの電子化、キャッシュレス化がさらに進む。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。