2006年03月29日

2006年IT競争力ランキング、日本は16位に後退。

 インターネットの普及が大きく進展し、ネット社会が日々その姿を変えつつある中、日本企業のIT利用はまだ社内業務の効率化が多いようだ。
 政府が進める電子申請も仕組みを作ったものの、利用率という面では1%前後となっているようだ。

 以上のようなITの利用状況を競争力への寄与という面で評価すると世界では16位ということで、昨年より大きく順位を下げたとのことだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.29)8面)には

 世界経済フォーラムは28日、各国・地域のITの競争力を比較した「2006年版世界IT報告」を発表した。日本は115カ国・地域中16位となり、昨年の8位から大きく後退した。台湾、韓国などアジア勢の躍進に加え、電子政府への対応の遅れなどが響いた。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。