2006年03月27日

ヤフー、ネットで野球検定


 インターネットの普及が進み、ブログやSNSなどとネット上で個人が情報発信する機会が増えているといえるだろう。そして情報を発信することのハードルは費用負担や技術面の両方とも低くなっているといえる。

 つまり情報発信したいと思えば誰でも、直ぐにでもいとも簡単に行える時代になったといえるだろう。

情報発信が手軽になれば、当然発信される情報の質もバラバラになるだろう。ネット上での間違った風評が、悪影響を及ぼさないとも限らない。

 そこで、このような問題を回避する手段の一つとして、情報発信者の専門度を認定する仕組みができるとのことだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.27)11面)には

 ヤフーは野球の知識を問うインターネットを使った検定サービスを始める。夏までにはワイン、サッカーなどの検定も加え、趣味、生活分野の検定事業を拡大させる。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:28| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。