2006年03月26日

デジタル家電の新通信規格をソニーが全面採用


 音楽や動画・静止画などの映像データがデジタル化されてきたことで、関係する家電機器の間での情報のやりとりが多くなっているように思う。
 従来はデジカメの写真情報をプリントしようとすると、パソコンとデジカメを専用のケーブルで接続しデジカメに蓄積された画像を取り込んでから、プリンタへ出力する。

 もう一つの方法としては、デジカメで撮影した画像を蓄積するメモリカードを経由してパソコンに取り込み、その後プリンタに印字ということにる。
そしてビデオ機器の場合は、DVDを介して行うといったように、接続したい機器によって接続方法やケーブルなどが異なっていた。

 このように接続する機器毎に違っていた規格・方法が統一されそうな動きが出始めたようだ。

記事(日本経済新聞)2006.3.26)7面)には

 ソニーは異なるメーカーのデジタル家電や携帯機器でも相互接続できる通信規格を、2007年発売製品から全面的に採用する。家庭内LANを通じ、薄型テレビ、デジタルカメラ、携帯電話やプリンターなどの間で画像や音楽などを簡単にやり取りできる。

NECやシャープなど他社も追随するとみられ、採用メーカーが広がれば家庭内で「ネットワーク型家電」が本格的に普及しそうだ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 17:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。