2006年03月24日

債権電子取引市場に金融機関の参加を要請


 企業の売掛債権を市場で流動化させる場合、現状では手形や契約書が1件ごとに必要で事務作業は膨大だったようだ。

 このような事務作業を効率化し、債権の流動化を図るための「電子債権法」の実現に向けた動きが進んでいるようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.24)7面)には

 政府は企業が売掛債権などインターネットで売買する「債権電子取引」の市場に、銀行や信託銀行、クレジット会社、リース会社の参加を広く働きかける方針を固めた。
電子的な債権取引は2008年にも実現する見通し。市場参加を増やすことで、日本の企業が持つ約175兆円の売掛債権を資金調達に活用しやすくする。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:59| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。