2006年03月22日

ウェブサイトの安全性「格付け」システムを開発


 インターネットの普及により、必要とする情報が欲しいときに素早く入手できる時代になった。しかしネット上の情報は玉石混淆状態で信用できる良い情報がある一方で、詐欺やウイルスなど社会にマイナスの影響を及ぼす情報もある。

 子どもたちには広く多くの情報を入手する上で有効なツールになってきているし、次代を担う世代であるが故に、うまくネットを使いこなすすべを身につけて欲しいと思う。

 今までは子どもたちに見せたくないサイトなどは、キーワードで制限するか、サイトのアドレスで制限するかの手段しかなかったが、サイトそのものの格付けを第3者機関が行い発行したある種の認証マークでアクセス制限を掛ける試みがスタートしたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.22)3面)には

 総務省は民間団体と協力し、第3者機関がウェブサイトの安全性を「格付け」する新システムを開発した。サイトの内容や表現に応じてマークを発行。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:06| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。