2006年03月20日

バンダイネット、携帯広告に参入


 最近無料の情報誌であるフリーペーパーが注目されているようだ。利用者には無料で情報を提供しながら、情報誌を発行する発行元はその情報誌に掲載する企業から料金を得ることで収益を確保している。発行部数の伸びが掲載企業からの収入を左右する仕組みのようだ。視聴率がCMの料金を左右する民放業界と同じ仕組みだ。

 このようなモデルが当然ネットの世界でもいろいろ存在する。むしろいろいろな収益モデルが誕生し活発化しているように思える。携帯電話向けのコンテンツでは、iモードがスタートした当初から有料コンテンツが定着していたが、この流れが変わりそうな動きが出てきたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.20)11面)には

 バンダイグループで携帯向け情報配信を手がけるバンダイネットワークスは、携帯向け広告事業に参入する。東急エージェンシーと組んで携帯向けの情報サイトを開設。消費者には無料でゲームや着信メロディーなどのコンテンツを提供するが、広告を掲載することで収益化する。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。