2006年03月16日

電子POPでの農産物の新販売実験開始

 商品を販売する場合価格よりも、機能や特性など付加価値に相当する部分の説明を店頭で行うのは意外と難しい。従ってキャンペーンと称して対人で商品説明や試食などを行うことが多い。
 このような店頭での商品説明を効率よく行える電子POPという仕組みが実験されているとのことだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.16)静岡版)には

 静岡県農業新技術開発研究会は15日、電子POP(店頭販促物)を使った農産物の新しい販売方法の実験を始めた。店頭に50秒はどの映像が流れる電子POPを置き、生産者情報や商品特徴を宣伝する。映像や音などを使えるため、ポスター掲示に比べて効果的な販促が行えるとみている。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:02| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。