2006年03月13日

消費者の本音、ブログから収集


 総務省の調査ではブログ利用者は昨年9月末に473万人とあったように、簡単に誰もが情報発信できるツールとしてブログは定着しつつあるように思う。
最近では、個人が自由に情報を発信するツールとしてだけではなく、企業が情報提供手段や広告、消費者とのコミュニケーションなどのツールとしても利用されるようになってきている。

 このようなブログや掲示板といったネット上の書き込み情報を分析し、ビジネスに役立てるサービスが誕生し始めたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.13)11面)には

 ネットの書き込みには好き嫌いを含めて、消費者の本音の評価があふれる。「口コミ」を素早く集められる新しいマーケティング手法として注目を集めそうだ。続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。