2006年03月10日

ICタグ、商品の在庫や履歴管理だけじゃない


 ICタグの利用実験が進んでいるようだ。
このブログでも、ヨドバシカメラ(9/6)、東京シャツ(9/8)、医療現場(9/26)、子供の交通事故対策(11/18)、レジでの一括会計(12/21)、原発での保守(1/20)、商品入荷管理(2/2)、欲しい商品どこに(2/7)、出版・音楽CD(2/14)などを取り上げてきた。

 ICタグは言ってみれば、モノとヒトのコミュニケーションやモノとモノのコミュニケーションを可能にすることになる。このような世界は今までになかった世界だけに、どう使えるかがまだはっきりしていない。そこで、このような様々な実験が行われているといえる。

 また、新しい試みが行われているようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.10)12面)には

 小売業者や卸業者が商品管理でICタグ(荷札)の活用を始めた。青山商事と卸大手の日本アクセスはそれぞれ、輸送時のスーツと清酒の品質管理にICタグを使う実験を開始。レンタルウェディングドレスのアクア・グラツィエは商品の使用状況を把握し始めた。商品の在庫や生産履歴(トレーサビリティー)管理向けに始まったICタグの利用方法が多様化してきた。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:34| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ICタグ(RFID) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。