2006年03月03日

タクシー代にエディ、2000台で発進。

 ここ最近景気の流れが改善してきたこともあり、長らく低迷していたタクシー業界にも明るさが見えてきているようだ。

 タクシーに乗車し目的地に着き料金を精算するとき、小銭がなかったり、お釣りのやり取りで手間取ったりとすることが急いでいるときに限ってよくある。このとき顧客がタクシー運転手に不快感を感じたり、逆に運転手が顧客のしぐさなどでイライラしていることがよくある。

 このような顧客や運転手のイライラを改善できる可能性が見えてきたように思う。
電子マネー「Edy」でのタクシー利用料金の支払が可能になるとのことのようです。

記事(日本経済新聞(2006.3.3)12面)には

 電子マネー「Edy(エディ)」を運営するビットワレット(東京・品川)は2日、首都圏のタクシー2社がエディ決済端末を導入し、5月から順次料金支払ができるようになると発表した。
エディが使えるタクシーは初めて。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:33| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(4) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。