2006年03月31日

ネットと金融の融合加速

 
 ポータルサイト利用者への利便性を高めるため、外部に依頼してきた決済業務を取り込む動きが出てきたようだ。ポータルサイトの宿命あるいは使命としてネット上のあらゆるサービスの入り口として機能することが求められる。その結果商取引が生まれ決済も必要になる。この決済も銀行などの外部に依頼するのではなく、サイトの中で決済を行うことで、利用者のサービス向上、集客力の向上を狙うようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.31)7面)には

 ポータルサイト運営最大手のヤフーが三井住友銀行、同行子会社のジャパンネット銀行と資本・業務提携し、銀行業に進出する。ネット大手とメガバンク初の提携で、ネットと金融の担い手やサービスの融合が一段と進む。生い立ちや風土がかけ離れているといわれるITと伝統的な金融機関が、迅速に新事業モデルを打ち出せるかが、課題だ。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

ETC、サイフ代わりに。国交省が利用解放へ。


 最近高速道路を利用するとETC専用ゲートを通過する車が以前よりも増えたような気がする。早朝深夜割引や通勤割引などETC利用車だけの割引制度や、利用によるポイントなどの施策が利用を増やしてきたのだろう。

 しかし、1年に1、2回程度しか有料道路を利用しない人から見るとETCを搭載するのには抵抗感があるだろう。そこで以前からできると便利だといわれていたETCの有料道路以外での決済がいよいよ現実になりそうだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.30)1面)には

 国土交通省は2006年度から、自動車に搭載する高速道路の自動料金収受システム(ETC)を、ガソリンスタンドなど様々な料金支払いに使えるよう制度を改める。いまは非公開のETCの暗証番号を民間企業に解放し、読み取り機を使えば本人確認ができ、口座から料金を引き落とせるようにする。車自体がサイフ代わりとなり、マネーの電子化、キャッシュレス化がさらに進む。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

2006年IT競争力ランキング、日本は16位に後退。

 インターネットの普及が大きく進展し、ネット社会が日々その姿を変えつつある中、日本企業のIT利用はまだ社内業務の効率化が多いようだ。
 政府が進める電子申請も仕組みを作ったものの、利用率という面では1%前後となっているようだ。

 以上のようなITの利用状況を競争力への寄与という面で評価すると世界では16位ということで、昨年より大きく順位を下げたとのことだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.29)8面)には

 世界経済フォーラムは28日、各国・地域のITの競争力を比較した「2006年版世界IT報告」を発表した。日本は115カ国・地域中16位となり、昨年の8位から大きく後退した。台湾、韓国などアジア勢の躍進に加え、電子政府への対応の遅れなどが響いた。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

非接触IC決済に4番目の規格が登場


 イオンやam/pmの店舗でもNTTドコモが進める「iD」を使えるようにするという記事があった。このように非接触型のICカードによるクレジットカードとしての利用がますます拡大しそうな勢いになってきた。しかもこのクレジットカードの仕組みは「おサイフケータイ」機能が搭載された携帯電話でも利用できるようになってきている。

 一方で、現在「iD」方式を含め3種類の異なった規格が存在するが、さらに新たな規格がスタートするようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.28)7面)には

 信販大手のオリエントコーポレーションは4月、クレジットカードを読み取り端末にかざすだけで買い物ができる非接触型IC決済の新サービスを始める。米マスターカードが世界で展開する国際規格「ペイパス」を国内で初めて導入する。新規格の登場で非接触型IC決済の競争が激しくなりそうだ。
続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:47| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

ヤフー、ネットで野球検定


 インターネットの普及が進み、ブログやSNSなどとネット上で個人が情報発信する機会が増えているといえるだろう。そして情報を発信することのハードルは費用負担や技術面の両方とも低くなっているといえる。

 つまり情報発信したいと思えば誰でも、直ぐにでもいとも簡単に行える時代になったといえるだろう。

情報発信が手軽になれば、当然発信される情報の質もバラバラになるだろう。ネット上での間違った風評が、悪影響を及ぼさないとも限らない。

 そこで、このような問題を回避する手段の一つとして、情報発信者の専門度を認定する仕組みができるとのことだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.27)11面)には

 ヤフーは野球の知識を問うインターネットを使った検定サービスを始める。夏までにはワイン、サッカーなどの検定も加え、趣味、生活分野の検定事業を拡大させる。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:28| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

デジタル家電の新通信規格をソニーが全面採用


 音楽や動画・静止画などの映像データがデジタル化されてきたことで、関係する家電機器の間での情報のやりとりが多くなっているように思う。
 従来はデジカメの写真情報をプリントしようとすると、パソコンとデジカメを専用のケーブルで接続しデジカメに蓄積された画像を取り込んでから、プリンタへ出力する。

 もう一つの方法としては、デジカメで撮影した画像を蓄積するメモリカードを経由してパソコンに取り込み、その後プリンタに印字ということにる。
そしてビデオ機器の場合は、DVDを介して行うといったように、接続したい機器によって接続方法やケーブルなどが異なっていた。

 このように接続する機器毎に違っていた規格・方法が統一されそうな動きが出始めたようだ。

記事(日本経済新聞)2006.3.26)7面)には

 ソニーは異なるメーカーのデジタル家電や携帯機器でも相互接続できる通信規格を、2007年発売製品から全面的に採用する。家庭内LANを通じ、薄型テレビ、デジタルカメラ、携帯電話やプリンターなどの間で画像や音楽などを簡単にやり取りできる。

NECやシャープなど他社も追随するとみられ、採用メーカーが広がれば家庭内で「ネットワーク型家電」が本格的に普及しそうだ。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 17:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

リコーのデジカメ、ブログを活用し使い方提案


 ネット上の日記といわれるブログ。個人が日々の出来事などをもとに自由に発言したりする使い方から、企業が自社の事業に役立つ使い方の事例が増えてきたように思う。

 車などでは、新車の発売に合わせて消費者との交流をすることでその新車への期待を高めたりユーザーとの交流を公開することでより身近な販売プロモーションとして利用されたりしているようだ。 参考: http://blog.nissan.co.jp/TIIDA/

 デジカメの世界でもブログの活用がヒット商品の誕生を後押ししたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.25)33面)には

 リコーのコンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL」が高価格帯ながら人気を集めている。28ミリレンズと有効813万画素の高機能モデルで、昨年10月の発売以来、8万円前後と当初の実勢価格を維持している。2006年になっても国内販売は月3千台程度のペースが続く。「高級コンパクトデジカメ」分野でマニア層の需要を開拓した。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 17:31| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

債権電子取引市場に金融機関の参加を要請


 企業の売掛債権を市場で流動化させる場合、現状では手形や契約書が1件ごとに必要で事務作業は膨大だったようだ。

 このような事務作業を効率化し、債権の流動化を図るための「電子債権法」の実現に向けた動きが進んでいるようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.24)7面)には

 政府は企業が売掛債権などインターネットで売買する「債権電子取引」の市場に、銀行や信託銀行、クレジット会社、リース会社の参加を広く働きかける方針を固めた。
電子的な債権取引は2008年にも実現する見通し。市場参加を増やすことで、日本の企業が持つ約175兆円の売掛債権を資金調達に活用しやすくする。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:59| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

タクシー料金も携帯クレジットで。


 3月3日に、タクシー代金の決済に電子マネーのEdyが使えるようになるという記事を取り上げた。
今度は、都内のタクシー代金を携帯電話のクレジット機能(iD)で決済ができるようになるようだ。

 Edyだとあらかじめ入金を済ませておく必要があるが、クレジットなら入金しておく必要がないことで、より利便性が高まるような気がする。

記事(日本経済新聞(2006.3.23)35面)には

 都内のタクシー事業者64社が参加する東京無線協同組合は三井住友カードとNTTドコモの携帯電話を使ったクレジット決済サービス「iD」を8月から始める。
iDのタクシー導入は初めて。年内をメドに約5千5百台に決済端末を順次搭載、運賃を払えるようにする。



続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:04| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ウェブサイトの安全性「格付け」システムを開発


 インターネットの普及により、必要とする情報が欲しいときに素早く入手できる時代になった。しかしネット上の情報は玉石混淆状態で信用できる良い情報がある一方で、詐欺やウイルスなど社会にマイナスの影響を及ぼす情報もある。

 子どもたちには広く多くの情報を入手する上で有効なツールになってきているし、次代を担う世代であるが故に、うまくネットを使いこなすすべを身につけて欲しいと思う。

 今までは子どもたちに見せたくないサイトなどは、キーワードで制限するか、サイトのアドレスで制限するかの手段しかなかったが、サイトそのものの格付けを第3者機関が行い発行したある種の認証マークでアクセス制限を掛ける試みがスタートしたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.22)3面)には

 総務省は民間団体と協力し、第3者機関がウェブサイトの安全性を「格付け」する新システムを開発した。サイトの内容や表現に応じてマークを発行。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:06| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

日立、座る席決めない「フリーアドレス制」を導入

 社内の情報インフラが整備されてきたことで、紙の書類がなくなるペーパレス化が進んできたこともあり座席を特に固定しないオフィス形態が大企業でも現実になってきたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.21)1面)には

 日立製作所は4月以降、固定座席を持たず好きな場所に座って仕事をする「フリーアドレス制」を本格的に導入する。情報・通信グループの1万5千人を対象に順次実施。他の事業部での導入も検討する。
社員が自由に移動して、組織の壁を越えた仕事をしやすくする。1万人以上の規模でフリーアドレス制を導入する企業は日立が初めて。オフィス経費も削減する。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:27| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

バンダイネット、携帯広告に参入


 最近無料の情報誌であるフリーペーパーが注目されているようだ。利用者には無料で情報を提供しながら、情報誌を発行する発行元はその情報誌に掲載する企業から料金を得ることで収益を確保している。発行部数の伸びが掲載企業からの収入を左右する仕組みのようだ。視聴率がCMの料金を左右する民放業界と同じ仕組みだ。

 このようなモデルが当然ネットの世界でもいろいろ存在する。むしろいろいろな収益モデルが誕生し活発化しているように思える。携帯電話向けのコンテンツでは、iモードがスタートした当初から有料コンテンツが定着していたが、この流れが変わりそうな動きが出てきたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.20)11面)には

 バンダイグループで携帯向け情報配信を手がけるバンダイネットワークスは、携帯向け広告事業に参入する。東急エージェンシーと組んで携帯向けの情報サイトを開設。消費者には無料でゲームや着信メロディーなどのコンテンツを提供するが、広告を掲載することで収益化する。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

次世代無線通信解禁へ

 先ごろ第2東京タワーの建設がきっまたようだ。その目的はデジタル放送への本格移行への備えと移動体へのデジタル放送であるワンセグのカバーエリアの確保といわれているようだ。

 こんな中データ通信の領域でも、まだ通信距離としては短いものの光ファイバー並みの通信速度で通信できる無線通信に向けての動きが始まりそうだ。

総務省は次世代高速無線通信の解禁を決めたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.19)1面)には

 総務省は光ファイバー並みの通信速度を実現する次世代の高速無線通信を解禁する。室内の配線なしで高速・高容量の通信をできるようにするのが狙い。光ファイバーを引き込みにくい中古マンションやビルなどの通信環境が改善され、ハイビジョン並みの高精細画像の送受信などが可能になる。同省は2007年春までに省令を順次改正する。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 17:08| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 通信インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

ポイント制で健康支援、歩いてギフト券ゲット

 高齢化が進んでいることもあり、健康への関心が高まっている。
遊歩道などを散歩している人、スポーツジムに通う人、ウォークラリーに参加する人に高齢者の姿が目立っているように思う。

 車社会であること、エスカレータやエレベータの整備が進んでいることなどから、日常生活ではめっきり体を動かさないようになってしまったように感じる。

 成人病検診で中性脂肪などの問題を指摘される人が多いようだ。

しかし、運動の必要性は認識しても毎日歩き続けたりと運動を継続するには、強い意志が必要とされる。

 このような課題を解決し、ウォーキングにお得感を持たせるサービスが始まるようだ。
記事(日本経済新聞(2006.3.18)13面)には

 NTTデータは4月から、1日の歩数に応じてギフト券などに交換できるポイントがたまる会員制の健康づくり支援サービスを始める。1万歩に達するとボーナスポイントが加算されるなど、楽しみながら歩き続けられる仕組み。健康保険組合への呼びかけやインターネットの広告などで広く会員を募り、5万人の獲得を目指す。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:01| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

携帯クレジットカード、2社連携

 携帯電話による決済機能が、小口の現金決済に加えクレジット決済が普及しそうな勢いだ。しかし現状では相互に互換性のない3種類の方式があり、端末を用意する店舗側も利用する側の消費者も対応できる店のみでの利用となるため、お互い不便を感じる状況にある。

 このような問題を解決する動きが具体化しそうだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.17)7面)には

 クレジットカード大手のUFJニコスとビザ・インターナショナルは16日、カード代わりに携帯電話で買い物ができる「携帯クレジット」で提携すると正式発表した。
続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

電子POPでの農産物の新販売実験開始

 商品を販売する場合価格よりも、機能や特性など付加価値に相当する部分の説明を店頭で行うのは意外と難しい。従ってキャンペーンと称して対人で商品説明や試食などを行うことが多い。
 このような店頭での商品説明を効率よく行える電子POPという仕組みが実験されているとのことだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.16)静岡版)には

 静岡県農業新技術開発研究会は15日、電子POP(店頭販促物)を使った農産物の新しい販売方法の実験を始めた。店頭に50秒はどの映像が流れる電子POPを置き、生産者情報や商品特徴を宣伝する。映像や音などを使えるため、ポスター掲示に比べて効果的な販促が行えるとみている。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:02| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

回転ずし、携帯電話で簡単予約。


 土・日の夜など人気のあるレストランや回転ずしなどでは、特に混んでいて長時間待たされることが良くある。店員に言われるおよその待ち時間も正確でなく、いらいらして待つことがあり、あげくにはあきらめて別の店に行くこともある。

 このようないらいらを解消できるかもしれない仕組みに関する記事があった。

記事(日本経済新聞(2006.3.15)35面)には

 百円回転ずしチェーンのくらコーポレーションは、一部の小型店を除く全店舗に携帯電話を使った予約システムを導入した。待ち時間を解消して顧客満足度の向上を図るとともに、会員登録者へのクーポン配信などを通じた顧客の囲い込みにもつなげる。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:44| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

NTT、ロッテリアなど900店で無線LAN。

 駅などでは公衆無線LANが利用できる、いわゆるホットスポットサービスが整備されてきている(NTTグループの公衆無線基地数は現時点で1万箇所)が、いつでも・どこでも繋がるユビキタス環境というにはまだまだ不十分な状況にあるといえる。

 そこでNTTは、ロッテリアなどの店内でも無線LANが利用できるようにするようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.14)13面)には

 NTTは外出先で高速のインターネット接続が可能な公衆無線LANサービスで、ロッテリア、タリーズコーヒージャパンと提携した。来春までに両社の約900店舗すべてに専用の基地局を導入する。公衆無線LANではソフトバンクが日本マクドナルドと提携しており、自宅やホテルなどが中心だったブルードバンド通信の利用場所が、今後広がりそうだ。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

消費者の本音、ブログから収集


 総務省の調査ではブログ利用者は昨年9月末に473万人とあったように、簡単に誰もが情報発信できるツールとしてブログは定着しつつあるように思う。
最近では、個人が自由に情報を発信するツールとしてだけではなく、企業が情報提供手段や広告、消費者とのコミュニケーションなどのツールとしても利用されるようになってきている。

 このようなブログや掲示板といったネット上の書き込み情報を分析し、ビジネスに役立てるサービスが誕生し始めたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.13)11面)には

 ネットの書き込みには好き嫌いを含めて、消費者の本音の評価があふれる。「口コミ」を素早く集められる新しいマーケティング手法として注目を集めそうだ。続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

診療記録、ITで提供。


 医療分野の情報武装化が言われ出して久しい。今年の医療改革では、電子カルテや診療報酬などを明確にすることで一種の牽制をはかり、医療の適正性化と医療コストの効率化を狙っているような気がする。ついに医療分野も聖域ではなくなりつつあるのだろうか。
 そんな中、日曜版の医療特集で最近のIT化の取り組みについて紹介されていた。

記事(日本経済新聞(2006.3.12)11面)には

 患者が安心して治療を受けられるように、ITを活用して診療情報を提供する取り組みが大きく動き出した。静岡県では医師の所見や検査結果を記録したCD−ROMを患者に提供するシステムが始動。厚生労働省もこのシステムの全国展開を目指す。病院の窓口で薬剤や検査など個別費用の明細書を発行する施設も出てくるなど、ITが「医療の透明化」を後押ししている。(中略)

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:43| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。