2006年02月27日

電子マネー利用急拡大


 Edyやsuicaといった電子マネー、当初はクレジットカードのように専用のカードが必要だったが、おサイフケータイができ携帯電話がEdyやsuicaとして利用できるようになったことで、利用者から見ると使い勝手が良くなったように感じる。
このような電子マネーで買い物ができる店も着実に拡大してきている。

 先ごろクレジットカードでも、三井住友カードiDのように携帯電話で利用できるようになり、携帯電話をかざすだけでいろいろな買い物ができるようになってきた。
まだ、このようなことができる携帯電話の機種には制限があり、最近の新しい機種に変更する必要がある。

 このように電子マネーが利用できる環境が整ってきたこともあり、利用件数が急拡大し始めたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.2.27)3面)には

 電子マネーの利用が急増している。最大手「エディ」とJR東日本の「スイカ」の利用件数は昨年12月に月間1700万件となり、1年間で2.3倍に膨らんだ。合計発行枚数も直近で2600万枚を突破し、国民の5人に1人が持っていることになる。コンビニエンスストアーやスーパーなど電子マネーを使える店舗が増え、商品割引などの特典も充実してきたためだ。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 17:29| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。