2006年02月19日

CATV事業の70社が連携しハイビジョン番組光回線で配信。


 FTTH(ファイバー・ツゥー・ザ・ホーム)ということで、Bフレッツなどにより光ケーブルが各家庭にまで届く時代になったことで、CATVの事業環境も大きく変わろうとしている。CATVの回線も従来のメタル(電線)のケーブルから光ケーブルに置き換わりつつある。

また、インターネットの普及が映像(テレビ)情報の配信だけでなく、IP電話やインターネット接続といった付加サービスの提供も行われている。

インターネットでも映像配信が簡単にできる時代、CATVならではの価値の提供が必要に
なってきている。この具体的な価値実現の一つとしてCATV事業会社が連携することで運営コストの削減やコンテンツの充実・強化を図ろうとしているようだ。

記事(日本経済新聞(2006.2.19)7面)には

 全国の主要CATV約70社がハイビジョン番組の配信や制作で提携する。光ファイバー回線網を共同利用して配信コストを低減。共同出資で独自番組も制作し、プログラムの魅力を高める。CATV各社が地域を越えて連携し、NTTや関西電力グループが光回線による放送で攻勢をかけているのに対抗する。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。