2006年02月18日

パソコンのセキュリティー対策でリコーが営業網提供。

 インターネットを利用する場合、ブロードバンド回線の普及等により常時接続状態になることが多くなっている。
このことにより、十分なセキュリティ対策を行っていないとコンピュータウイルスの被害にあう可能性が高くなる。しかも最近のコンピュータウイルスは、自社だけが被害者になるだけでなく、更に外部に対しての加害者になる可能性も高くなる。

 このように加害者になった場合社会的な信用を失い、事業そのものに大きなダメージを受けることとなる。しかし中小企業においては必ずしもこのようなセキュリティに詳しい技術者がいるとは限らない。そこでこのような企業を、サポートしようというサービスに関する記事があった。

記事(日本経済新聞(2006.2.18)11面)には

 リコーはトレンドマイクロと連携し、パソコンのセキュリティー対策にリコーの営業網を提供するサービスを始める。全国に張り付けた技術者を対策の必要な企業などに派遣、設定や障害時の復旧サービスまで一貫して扱う。ソフトをインターネット経由で期間貸しする割安な方式も採り、コスト抑制を急ぐ中小企業などに売り込み、主力事業の多機能複写機(複合機)の拡販にもつなげる。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。