2006年02月15日

アマゾン、書籍・CD・スポーツ用品など直接仕入れ販売

 最近は、仕事で読む本は本屋で探すよりもネットで探して買うほうが、送料も無料になることもありよく利用するようになった。

 特に地方に住んでいると専門書や洋書などを買いたい場合、店に在庫がなく注文すると1週間は確実に待たされる。しかしネットでは簡単に見つけられるし、書評などを参考にできたりもする。
おまけに注文すると早ければ翌日には自宅に届けられる。
また読み終えて、残したくない本なら古本として出品し販売することもできる。
そしてブログなどで書評を書くなどし、アフリエイトに参加することで紹介手数料を稼ぐこともできる。

いやはや本を取り巻く環境はなんと大きく変わったことだろう。
さらに「電子書籍」も対象にすると・・・・、この先どう変化するか予想も出来ないのではないだろうか。

このアマゾンに関する記事があった。

記事(日本経済新聞(2006.2.15)15面)には

 書籍ネット通信販売最大手のアマゾンジャパンは、今春、出版社やCD、スポーツ用品メーカーなどを対象に、直接仕入れによる委託販売の受付を始める。書籍は現在も委託販売の形をとるが、新サービスは取り次ぎ会社や卸を介さず、出版社などから直接アマゾンの倉庫に商品を預かる。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。