2006年02月05日

ネット金融詐欺;危険回避に複数対策


 日本経済新聞(2006.2.5)15面の「Sunday Nikkei α の家計欄にはネットで金融取引を行う場合の注意点についての特集記事がありました。

 この記事は非常に参考になるのでポイントを簡単にまとめてみました。

主なネット金融犯罪とその手口
☆スパイウェア
 知らないうちにパソコン内に侵入、パスワードなどの個人情報やキー操作の履歴を盗む様なソフトウェア。

☆フィッシング
 銀行などの偽ホームページに誘導し、パスワードなどを入力させて個人情報を入手する仕組み。

☆ワンクリック詐欺
 メールをクリックしたりネット閲覧中にクリックした途端に利用料金を請求する画面が登場し、振込入金を強要する。

☆ネットオークション詐欺
 落札後代金を振り込んでも商品が届かず、連絡も取れなくなってしまい、代金が騙し取られる。仮に連絡が付いても正規の出展者の名前を騙っている(なりすまし)ということがある。


上記の犯罪への対策は続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 14:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。