2006年02月01日

ソフトバンク、携帯電話向け放送事業に進出。


 ネットと通信の融合をセンセーショナルに仕掛けたライブドアが、その急速な事業拡大への焦りがもたらした影の部分に苦しんでおり、次に楽天もTBSとの連携を焦りすぎ提携はスルーダウンしているように見える。

 こんな中、ソフトバンクが携帯電話への映像放映を始めるという記事があった。

記事(日本経済新聞(2006.2.1)1面他)には

 ソフトバンクは携帯電話向けに番組を放映する放送事業に乗り出す方針を決めた。来年にも放送免許を申請し、取得し次第、試験放送を開始する。

総務省が放送のデジタル化に伴って余剰となる周波数を新規参入者に開放する検討をしており、その周波数獲得を目指す。

 実現すれば携帯電話会社として始めて放送サービスを提供することになり、放送と通信の融合が更に進む。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:57| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。