2006年01月31日

「ミニ四駆」で漫画出版やネットゲームの運営。


 ネット型のゲームが面白いようだ。ゲームをする側もそうだが、ネットゲームのビジネスモデルにも変化があるようだ。
一番面白いと感じたのは、ゲームソフトはただ同然で、ただゲームで利用するアイテムを有料で購入するという仕掛けだ。ゲームにはまって来る人が多くなるほど、これらアイテムの売上が多くなる。おまけにゲーム内で使用するアイテムだから、品切れはないし、売れ残りで不良在庫になることもない、おまけに配送などの物流経費も要らないという仕掛けだ。

 このようにネット型ゲームがいろいろ誕生しているようだが、今日の記事は嗜好性の強いプラモデルの「ミニ四駆」に対し、漫画やネットゲームなどで相乗効果を狙ったビジネスのことについてであった。

記事(日本経済新聞(2006.1.31)15面)には

 携帯電話向け情報配信のケイプはプラモデル大手のタミヤと会社を設立、モーターを搭載したプラモデル「ミニ四駆」を題材にしたメディア事業を始める。ミニ四区をテーマにした漫画の出版やパソコン上でのオンラインゲームの運営に取り組む。インデックスがタカラと組むなど携帯向け情報配信と玩具関連の企業連携が広がってきた。続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:45| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。