2006年01月30日

MBJ、電子書籍取次ぎ。


 一昔前、専用の端末に本の内容を落とし込み電車の中で読める電子ブックという製品があった。これは珍しさはあったが広く普及するにはいたらなかった。
インターネット時代の今、図書のネット販売のあるサイトでは、本の目次や内容の一部が読める立ち読み機能を提供している。また、携帯の画面が少し大きくなってきたこともあり、コミックなどが読めるようになってきた。
このように、電子書籍の環境は特別な装置が無くても利用できることで、徐々に身近な存在になりつつあるように思われる。

こんな流れを受けMBJが電子書籍の取次ぎサービスを始めるそうだ。

記事(日本経済新聞(2006.1.30)11面)には

 電子書籍配信のモバイルブック・ジェイピー(MBJ、東京・千代田)は、3月から電子書籍の取次ぎサービスを始める。出版社からコンテンツを集め、配信事業者へのライセンス業務などを一括して代行する。
これまでは出版社と配信事業者が個別に交渉する必要があったが、新サービスではこうした手間を軽減でき、電子書籍向けの市場拡大に弾みがつきそうだ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:33| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。