2006年01月28日

「モバイルスイカ」発進、携帯がJR切符に。

 携帯電話の販売台数が先ごろ9000万台を超え、小口の現金決済などに使えるドコモの「おサイフケータイ」の契約数も昨日ついに1000万台を超えたとのことだ。

 携帯の高機能化と共に電子マネーとしての利便性も認知されだしているのかもしれない。今後この流れを一層加速しそうなサービスが本日(28日)から始まった。
携帯電話を改札でかざすだけで通過できるサービス「モバイルスイカ」だ。

記事(日本経済新聞(2006.1.28)9面)には

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は28日、決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」を乗車券や定期券として使える「モバイルスイカ」サービスを始める。携帯電話で鉄道改札を通る仕組みは世界でも異例。電子マネーとして買い物にも使える。多くの人が肌身離さず持ち歩く携帯電話の高機能化は、様々な電子決済サービス普及への起爆剤となりそうだ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:21| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。