2006年01月22日

サーバー型放送で好みの番組、自宅から「注文」


 インターネット時代の放送の方法として、家庭の受信機に好みの番組などを一旦蓄積しておき、後で検索して視聴するという新たな方式(サーバー型放送)が始まりそうだ。


記事(日本経済新聞(2006.1.22)1面)には

 NHKや民間放送のテレビ番組を受信機に蓄積していつでも好きなときに視聴できる「サーバー型放送」が2007年度中に始まる見通しとなった。放送、通信、電気メーカなど約90社が参加するプロジェクトチームが3月末をメドに関連規格を統一、専用受信機の開発など本格準備に入る。

NHKは視聴者から番組ごとに料金を徴収する有料放送として展開する計画で、総務省の懇談会でも通信・放送改革の一環として議論になりそうだ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:33| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。