2006年01月21日

「通信・放送」法体系見直しへ。総務省の懇談会が初会合。


 「通信と放送の融合」を、ニッポン放送の買収騒動で大きな話題にしたライブドアが、情報開示のあり方で地検から証券取引法違反の捜査を受けている。
 このような中皮肉にも昨日、竹中総務相の私的懇談会「通信と放送のあり方に関する懇談会」が開かれたとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.1.21)5面)には

 この懇談会では通信・放送の融合に伴う法体系の見直しやNHK、NTT改革などの論点に沿って議論を進める方針を確認した。6月予定の最終報告に向け、関連業界を巻き込んだ議論が動き出す。焦点となるテーマについて課題と議論の方向性を分析した。

 懇談会は有識者8人で構成。月2回のペースで通信・放送の融合に伴う諸課題について消費者の視点に立って検討する。政府の経済財政諮問会議で6月に策定する経済財政運営の基本指針(骨太方針2006)にも反映する予定だ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:33| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。