2006年01月15日

ITのマナー、子供から徹底。

 インターネットの急速な普及で、24時間いつでもサービスが受けられる、地域を越えたコミュニティの形成など我々の生活が便利になる一方で、相手が見えないバーチャルな環境でのコミュニケーションとなるため種々の問題に遭遇することも否定できない。

 このようなネット社会の光の部分と影の部分への対応力を子供の時代から身に着けさせようという動きが始まりそうだ。今日はこの記事を取り上げたい。

記事(日本経済新聞(2006.1.15)34面)には

 インターネットなどの情報技術(IT)の普及が子供の成長に影響を与えているため、政府は2006年度から情報教育の取組みを強化する。文部科学省はネット利用時のマナーなどの「情報モラル」について具体的到達目標を示した教員向けの指導資料を作成。総務省も小中学生にITの正しい活用法などを教えるための教材作りに着手する。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 17:21| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。