2006年01月12日

松下、家庭内の電力線でブロードバンドネットワークを構築へ。

 光回線が家庭にまで張り巡らせるFTH(ファイバー・トゥ・ザ・ホーム)が徐々に進み、いまや世界で一番光通信網が整備されている日本だが、今各家庭に配線されている電力線でのブロードバンド通信がもうすぐサービスされそうな感じだ。

 1月13日追記:
 今回取り上げた電力線通信(PLC)には、手ごろにブロードバンドの通信環境ができるという反面、電力線に搬送波を乗せることによる弊害を指摘する技術的見解もあります。(詳細は本稿へのコメントを参照下さい。)


今日はこれに関する記事を取り上げる。

記事(日本経済新聞(2006.1.12)11面)には

 松下電器産業は家庭内に敷いた電力線でブロードバンドネットワークを構築する電力線通信(PLC)技術を開発した。3月に米国でパソコンやデジタル家電をつなぐ通信装置の販売を始める。

新たな配線工事なしで家中に高速ネットを張り巡らすことができるようになる。早ければ今秋にPLCの実用化が認められる日本でも、同様の事業を展開する方針だ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:12| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。