2006年01月08日

米で個人制作の映像番組をネットで配信、ビジネスに。

 以前このブログで、映像や音楽がデジタル化してきたことでコンテンツ作り、編集、配信がそんなにコストを掛けずに可能となることで、ブログと同じような感覚で個人が映像を配信する時代が来るだろう、その結果放送という概念が大きく変化するのではと書いたが、いよいよこれが具体的な動きとなってくる気配だ。

記事(日本経済新聞(2006.1.8)7面)には

 個人が制作した映像ソフトをインターネットで配信、ビジネスにつなげる環境が米国で整ってきた。ネット検索大手のグーグルはビデオ映像の配信・販売サイトの立ち上げを表明、競合するヤフーも個人製作コンテンツの配信に関心を示す。「個人放送局」の普及に加速がつけば、テレビ局など既存メディア企業にとっても無視できない存在になりそうだ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。