2006年01月05日

次世代ETC今夏始動

 最近、高速道路を利用するとETCの料金所ゲートを通過する車がめっきり多くなったと感じるが、今年の夏には高速道路の料金決済だけでなく、カーナビと連動した情報サービスや給油所などでの決済と用途が拡大するようだ。

記事(日本経済新聞(2006.1.5)13面)には

 松下電器産業と三菱電機は今夏にも次世代型のETC(自動料金収受システム)車載器をそれぞれ発売する。現行の車載器は有料道路の決済に利用が限られているが、次世代型は給油所など別の決済に加え、カーナビゲーションシステムと連動させ情報・広告配信を受けることも可能。用途が拡大することで自動車の情報環境が変わる契機になりそうだ。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:49| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。