2006年01月04日

厚労省方針、医療情報の開示義務付けへ。

 転勤などで新しい土地に引越したときなど、どこの病院にいけば良いのか迷うことってありますよね。今後はこのような時インターネットで病院の設備やサービスなどを事前に調べることができ、安心して診察を受けることができそうです。

 このようなことが可能になる医療情報開示に関する記事を取り上げます。

記事(日本経済新聞(2006.1.4)1面)には

 厚生労働省は病院など医療機関に対して、患者が病院を選ぶうえで参考になる詳細な情報を開示するよう義務付ける方針を固めた。患者が求める専門医がいるかどうかや、看護師の設置状況、平均入院日数など医療提供体制に関する数十項目について都道府県への届出を求め、応じない場合には罰則を科す。各県は集めた情報をホームページや保健所などで開示し、患者が手軽に情報を得られるようにする。2007年度をめどに実施する。

 病院と診療所、助産所を義務付けの対象とする。1月召集の通常国会で審議する医療法改正案に盛り込む。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:32| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。