2005年12月28日

台頭する専門サイト(下)「使いやすさ」価値高める

 最近7&iとメレニアムの企業統合という流通業界を驚かせるニュースがあったが、インターネットの世界でもヤフーやMSNなどといった総合的ポータルサイトとは少し違った特定の商品やサービスに特化した専門サイトがその存在価値を高めているようである。
まさに流通業における「デパートやGMS」と「家電や日用品の専門店」との関係のような動きといえる。今日はこの専門サイトの状況についての特集記事について取り上げる。
記事(日本経済新聞(2005.12.28)15面)には

 価格比較サイトである価格コムの子会社で生命保険の相談を行っている。
特に生命保険の場合は保証の内容、期間、契約者の家族構成などで様々。電気製品のようには比較できない。「病気でも入れる保険は」といった難しい相談も多い。

そこで、サイトの情報を理解してもらいやすいよう専門知識を持った担当者を配置。受付はメールだが、内容が複雑な場合は電話だけでなく直接会って説明する。

相談件数は月300件。内80件は契約に結びつく。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。