2005年12月27日

社会保険庁、2008年度にも年金カードを導入。

 思うように普及しない住基カード(公的個人認証)やIT新改革戦略で謳われているレセプトのオンライン化、生涯を通じた自らの健康管理で使用されるHPKI(保険医療福祉分野の公開鍵基盤)に加え、更に年金でも新たなカードの導入が計画されそうだ。

 今日はこの年金カードについて取り上げたい。

記事(日本経済新聞(2005.12.27)1面)には

 社会保険庁は20歳以上が入る公的年金の加入者と年金受給者を対象に個人カードを導入する検討に入った。年金の加入記録や受領額を本人が簡単に把握できるようにするほか、ICチップを組み込むなどして金融機能を付ける方向で調整する。

社保庁改革に伴う業務改善策の一環で、クレジットカード機能の付与や、受給者による年金担保借り入れなども可能にする考えだ。

(中略)


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:40| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(4) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。