2005年12月19日

個人情報保護法がもたらす混乱。(顔なき社会(下))

 新聞などで顧客情報の漏洩などのニュースがひと頃に比べれば減ったが、やはり情報漏洩のニュースが報道されることがある。
今年の4月から個人情報保護法が完全施行となったことから、企業や市民にも個人情報に関する関心が高まり、行き過ぎの現象が現れているようだ。

 17日の土曜日から3日にわたり「顔の見えない社会」という特集記事でこのような問題が取り扱われてきた。今日は最終回なので少し触れてみたい。

記事(日本経済新聞(2005.12.19)1面)には

 ある銀行では、営業が持つ顧客の訪問予定表には、顧客名や満期日、満期金額などを暗号化して持ち歩く。携帯電話も一時は使用を禁止にしたが、今では毎日受発信履歴を消すという条件で持ち歩けるようにした。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:01| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。