2005年12月17日

ヤフーがハリウッド映画のネット配信サービス。

 ネットによる映像配信が放送業界の意思に係わらず徐々に本格化している。
日本でもこの春にUSENが始めた無料の映像コンテンツ配信サイトのGyao会員がわずか8ヶ月で500万人を突破、来年8月には1000万人という目標が現実味を帯びてきた(日経ビジネス12.19号より)、とあるように利用者が確実に増加しだしている。また、「ワンセグ」での携帯電話への地上波デジタル放送も来春にはスタートするなど、携帯電話への映像配信も方式やサービスが入り乱れている。

 このような流れの中ヤフーが映画配信をパソコン向けにインターネットで配信を始めるとのことだ。今日はこの記事を取り上げたい。

記事(日本経済新聞(2005.12.17)11面)には

 ポータルサイト最大手のヤフーは月内に、米ハリウッド映画のパソコン向けインターネット配信サービスを始める。当初は劇場公開とDVD発売が済んだワーナーブラザーズの近作を用意。映画製作大手は劇場、DVDに次ぐ第3の収入源としてネット配信に意欲的。ヤフーが各社と組むことで、近作有力洋画のネット配信の普及が進みそうだ。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:18| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。